お手入れ方法

丈夫で長持ちするスーキーのオリエンタルラグは、まさに実用的なアート。定期的なクリーニングとお手入れで、その美しさをキープしましょう。適切なお手入れを行えば、何百年にもわたりご愛用いただけます。

ここでは大切なラグを長持ちさせるためのコツをご紹介します。これらの手順に従っていただければ、スーキーのラグは驚くほどに長持ちすること請け合いです。

通常のお手入れ

スーキーのオリエンタルラグはやさしく手で洗っていただくことで格段に長持ちします。定期的な手洗いにより、繊維の奥に入り込んだホコリや汚れを落とし、ラグをダメージから守ることができます。手洗いの際には、決して強い化学薬品や合成洗剤などは使わず、優しくお取り扱いください。専門のクリーニング業者に任せるのも一案です。

掃除機をかける

1週間に1度は掃除機をかけてください。掃除機がけをおすすめする理由は、ラグの繊維を痛める微細なホコリや汚れの粒を取り除き、繊維が固まるのを防ぐからです。フリンジ部分は必ず避け、ラグ全体にやさしくゆっくりと掃除機をかけてください。その際には、ラグの両サイドから掃除機をかけることが肝心です。回転ブラシのついた掃除機を使う際には、ラグへのブラシ部分の接触が最小限になるように調整してください。

ほうき掛け

掃除機掛け同様、ほうき掛けは週に1度は行ってください。スーキーのラグを壁に飾る予定ですか?その場合は月に1回か2回程度は表面を軽く掃いてください。ラグは壁に飾った場合でも、少しずつホコリをため込んでいくからです。ほうき掛けのコツは、繊維の方向に沿ってとにかく優しく掃くことです。まずは繊維の方向を見極めること。ラグを片側から反対側へ指でなでることで、繊維の方向をつかめます。

ラグを裏返す

1年に2回ほどスーキーのラグをひっくりかえすことをおすすめします。その際には1週間程度は裏返したままで置いてみてください。すると奥深くに入り込んだ汚れやゴミがどんどんと出てきます。高性能な掃除機でも取りきれない汚れがこれほどまでに隠れていたことに、皆様が驚かれます。

ローテーションする

日光はラグにダメージを与えるため、ラグの向きを変えること(ローテーション)はとても重要です。できれば毎月ローテーションを行いましょう。部分的な色褪せを防ぎ、ラグの色合いを均一に保てます。また、人通りの多い場所での局所的な摩耗やダメージからラグを守ります。覚えやすいとっておきのコツをお伝えしましょう。季節の変わり目にラグをローテーションさせることです。

水回りを避ける

水分はラグの強敵。水がかかるような場所の近くにはラグを置かないことです。ラグのオーナーの皆様の多くが見落としがちなのは、水回りや湿った床がどれほどラグに深刻なダメージを与えるかということ。スーキーの上質なラグを決して水回りの近くに置かないようにしましょう。

一番見落としがちな水分源は?それは鉢植えの水漏れです。このようなリスクを避けるために、鉢植えはスツールの上に置くなどしましょう。

万が一ラグが水浸しになってしまった場合は?まずはラグを速やかにその場所から移動させることです。そして乾いた布でゆっくりと優しくたたくようにして水分を吸い取り、掃除機をかけてください。

掃除機がけは、必ずラグの水気を取った後で行いましょう。水気が残ったままでは、掃除機に重大なダメージを与えてしまう恐れがあるからです。最後にラグを風通しのよい場所で完全に乾かします。

ペットの嘔吐や粗相

ペットのおしっこや嘔吐物はラグの繊維に致命的なダメージを与えるため、速やかな対処が肝心。対応が遅ければずっと残るシミとなってしまいます。まずは嘔吐物をただちにすくい取ってください。汚れを取ったら、今度はその部分をたっぷりと水で浸します。その後ペーパータオルで表面を優しくたたくようにして水分を取ってください。この時、ラグの裏側にペーパータオルを敷くようにましょう。ダメージのリスクを軽減できます。最後に扇風機やサーキュレーターなどでラグの両面に風を当て、完全に乾かします。

当社が下敷きをおすすめするわけ

下敷きはラグを長持ちさせるお役立ちアイテムです。必須ではありませんが、ご使用をおすすめします。下敷きによりスーキーのオリエンタルラグが保護され、摩耗や損傷のリスクが軽減します。また踏み心地がよりソフトになり、歩行性もアップします。滑り止め付きの下敷きを使えばラグがずれにくくなり、ラグを傷める原因となるシワや偏りの発生を減らせます。

虫食いから守る

洋服にダメージを与える虫くい。ラグも虫たちの標的となることをご存知でしたか?ウールが大の好物である虫たちは、隙あらばあなたのウールラグにも飛びつきます。スーキーのラグを保管する際には、ラグをきれいに清掃した後で、クラフト紙などの通気性の良い紙で包んでください。湿気をため込んでしまうため、決してビニールで包まないようにしましょう。

ガムを取り除く

ガムとスーキーのラグは最悪の相性。もしあなたの大切なスーキーのラグにガムがついてしまったら?

ガムは固くなるとはがれやすくなるため、まずは氷を入れたビニール袋などでガムを凍らせ、金属製のヘラなどで優しく取り除いてみてください。ガムをラグからはがす際は、決して表面を押したりこすったりせず、優しく力をかけること。もし途中でガムが柔らかくなってしまったら、再度氷を入れた袋をあてて、ガムが固くなるのを待ちましょう。次に掃除機を使って、凍ったガムのかけらを吸い取ってください。最後にスプーン1杯程度の洗剤を溶かしたぬるま湯をタオルやブラシに含ませ、ラグの表面を優しく拭くようにして残った汚れを落とします。

ワインをこぼしてしまったら

ワインのシミは大変に残りやすいもの。もしワインをこぼしてしまったら、即座にクリーニングしてください。まずはペーパータオルか布のタオルを用意し、ワインがこぼれた部分にあて、やさしくポンポンとたたいて、可能な限り水分を取りきるようにします。この時点ではせっけんや洗剤は使わないでください。

この時に、必ずラグの裏側にもペーパータオルを敷くようにしましょう。タオルが汚れたら、その都度新しいものに交換してください。その後、水のみでラグをやさしく手洗いし、扇風機やサーキュレーターなどの風をあて、乾燥させます。それでもシミが取れないようであれば、専門の業者にすぐ相談しましょう。