商品 1 から 10 の 11 合計

ごと
ページ:
  1. 1
  2. 2

今年のトレンドをSukhi流に 第2弾✴

2016年4月19日火曜日 17時16分50秒 Europe/Paris

今日は、今年のトレンドをSukhi流にご紹介!の第2弾をお送りしたいと思います。今回は、色の続き、そして柄に注目 :)

 

前回はダスティな色味を中心にご紹介しましたが、パントーンの流行色で取り上げていたセレニティとローズクウォーツはもちろん見逃せません。どちらも甘くなりすぎない、大人なパステル。さらに、特にローズ系と合わせるカッパー(銅色ですね)も人気になりそうな予感です。ダスティなグレーの中にピンクを置くのもおしゃれ度が高いので、納得ですよね。

 

トレンドのローズクウォーツを連想させるトルコのビンテージラグ

 

スーキーのラグの中からは、トルコの人気ラグ・キリムから「セレム」を推薦

 

前回もご紹介したこのビンテージ・ラグは、甘くなりすぎずにお部屋に色とデザインを加えることができます。米国のインテリアブロガーさんが、こんなにおしゃれに使ってくださっています^^

 

ジオメトリックな柄をモロッコスタイルのラグで

 

一方の柄はというと、注目されているのが、前回も少しご紹介したストライプや、ジオメトリックな柄。ここで、スーキー自慢のベニオワレンラグの登場です。昨年に続きモロッカンスタイルもまだまだ人気ということなので、ますますおすすめ。アトラス山脈の麓のアトリエで、そこに生育する小ぶりの羊の毛のみを使った、毛足の長い贅沢なラグ。天然の生成りに、ダークブラウンのミニマルデザインは、洗練されたお部屋作りに最適です。

 

北欧インテリアにも合うベニオワレンラグ

 

ちなみに、こちらも変わらず人気の北欧スタイルにも、ベニオワレンラグは合うんです。これは、フィンランドのインテリアブロガーさんが、実際に「アイシャ」を使ってくださっている写真。こんな風に、贅沢な1枚を、贅沢に使ってしまいましょう^^

 

Posted in News By Tomoko

トルコ・ラグの歴史に支えられたパッチワーク・ラグ

2016年4月12日火曜日 8時12分13秒 Europe/Paris

トルコのラグの歴史は長い。

というより、むしろ、ラグの歴史はトルコから始まった、という方が正しいのかもしれません。

一説によれば、現在のトルコのあたりで発見された遊牧民族のラグが、

世界最古とも言われているということです。

 

私たちは、そんなトルコの織物文化、伝統技術を大切にしたいと思っています。

トルコの首都イスタンブールにある私たちのアトリエでは、

トルコのラグ職人たちが、ビンテージのトルコ・ラグを元にした

「ビンテージ・パッチワーク・ラグ」を作っています。

新たなラグとして再生させるのは、

人気のキリムなどを含む、トルコの平織物。

バルセロナ本社のテキスタイル・デザイナーが色を選び、

デザインを組み合わせて、トルコの職人が仕上げます。

 

このラグがオススメな理由は幾つかあります。 

一つ目は、何と言っても1点ものであること。

ビンテージのラグを使うので、2枚と同じものはできません。

元々、生活の中で作られ、使われてきた平織物のラグゆえに、

1枚1枚、個性的に作られている。

そのデザインをうまく活かしながら、新たな1枚を生み出します。

 

トルコラグの伝統的なデザインを活かした一点物のラグ

 

二つ目は、伝統のデザインがモダンに生まれ変わっていること。

こだわりの植物染料を使ったこだわりの色と、

選び抜いたパッチワークの手縫いの風合い。

そのままでも魅力的なラグを、個性がありながら、

現代の部屋に自然にマッチするデザインに仕立てています。

 

上の写真の左は、ストライプ・キリムの「ツアナ」

一目でキリムだとわかる、シンボリックなストライプが、

鮮やかに目に飛び込んでくる、美しい1枚です。

そして右は、ストライプ・キリムの「セムレ」のクローズアップと、

2度染めが美しいオーバーダイのマルチカラー「ヤグミュール」です。

 

個性的でクラシックで、しかも現代のお部屋に合うデザイン

 

最後は、人気のキリムや弟分のカプートを、

人とは違う形でお部屋に取り入れることができること。

一つ目のポイントにも通じますが、他に同じラグを持つ人はいませんし、

長い伝統を持ち、トルコのラグについて知り尽くした職人と、

バルセロナ本社のテキスタイル・デザイナーの感性がコラボした「作品」を

お部屋に置くことができるんです。

パリやニューヨークのアパートでも人気のこれらのラグ。

写真左は、2度染めが美しいオーバーダイの「ベリネイ」

写真右は、カプートの「メリッサ」です。

 

とっても魅力的なトルコのビンテージ・パッチワーク・ラグ

ぜひウェブサイトで見てみてくださいね。

 

Posted in News By Tomoko

ペットと一緒に暮らすラグ?

2016年3月29日火曜日 17時45分28秒 Europe/Paris

こんにちは!いい季節になってきましたね^^

 

ラグをお探しの方の中で、ペットと一緒に暮らしやすいラグを、という方もたくさんいらっしゃいます。ペットと暮らす中で、抜け毛や汚れ、ラグの傷みなど、気になることはたくさんありますよね。

 

私たちスーキーでは、天然素材の手織りのラグをご提案しています。天然素材なんて、クリーニングが心配、という方も多いのですが、実は天然素材は、汚れに強く、耐久性も高いのです。私たちのラグはどれもウールを含んでいますが、ウールは足元を暖かくするだけではなくて、撥水性や吸湿性、天然の回復力があり、実はペットとの暮らしにもぴったりなんです(以前のブログでもウールの魅力をご紹介していますので、ご覧くださいね:「ウール再発見」)。また、抜け毛も、高密度に織られたラグの方が掃除しやすく、綺麗に保っていただくことができます。もちろん、天然素材ですから、ペットにも、人にも、安心安全です。

 

私たちのラインアップから、ほんの一部をご紹介です^^

こちらは、石のように見えて、実はふかふかという、サプライズが楽しい「ストーン・ラグ」。これは、ベージュブラウンの組み合わせの「ダルヴ」という種類です。インドのアトリエの職人たちが持つ、手紡ぎの高い技術があるからこその、ユニークで高品質な1枚ですね。

 

石のようなラグで戯れるペット

 

そしてこちらは、フェルトボール・ラグ。左が「アリシャ」、右は柄と色を組み合わせていただくカスタマイズのパターン。お部屋にかわいらしさをもたらしてくれて、しかも、ウール100%の最高の肌触り。このネコさんの居心地の良さそうな寝っぷり&表情、ぜひご覧くださいませ✨ ペットも居心地が良いところが、やっぱり好きですよね(そして意外なところにもぐりこんだりしますよね!笑)。

 

ペットもお気に入りフェルトボールラグ

 

最後は、最近の担当のお気に入り、ビンテージ・パッチワークの「イーラ」。トルコの高級ラグのビンテージを集め、それをスーキー本社のテキスタイルデザイナーがパッチワークにデザインしたもの。もちろん、パッチワークはトルコのラグ職人が行っています。トルコラグに受け継がれる美しさと技術を現代に表現したアートな1枚です。

 

パッチワーク・ラグとシベリアンハスキー

 

一瞬、高級なラグなんて、と思っても、トータルで考えると、悪くない選択だと思いませんか?それに、スーキーでは、高品質な手織りのラグを、お求めやすくご提供していますよ(通常の市価の最大6割ほどお安いです)。ぜひご検討くださいね^^

 

Posted in News By Tomoko

もうすぐ今年度も終わり。3月は新生活に向けて引越しや模様替えをする方も多いとおもいます。やらなくてはいけないことがたくさんあるけれど、気分一新、お気に入りの部屋でスタートできたら、楽しいですよね✴

 

というわけで、今日は、今年のインテリアのトレンドをスーキー流にご紹介するシリーズ第1弾をお送りします。

 

年初にパントンから今年のトレンドカラーが発表されていて、インテリアにも取り入れられています。その一つが、パステルカラーという方向性。その中でも、ちょっとダスティなグレーや、淡いブルーなどのカラーが人気の一つです。パステルといっても、明るいものだけではなくて、少しスモーキーだったり、あとは、インダストリアル系の流行も取り入れていたりするということですね。

 

おしゃれなグレーのグラデーション

スーキーで言うと、フェルトボールラグの「アルーナ」は、おしゃれなグレーのグラデーション。シンプルだけど、一つずつ手染めしたフェルトボールを複数色使っているから、落ち着いきがありつつも、ありがちではない、ユニークで温かみのあるインテリアになること請け合いです。

 

グレーのグラデーションがユニークなフェルトボールラグのアルーナ

 

ビンテージの風合いを取り入れる

それから、やはりオススメは、トルコのパッチワーク・ラグ。ビンテージが持つ風合いは、それだけでお部屋をおしゃれでこなれた雰囲気に。さらに、流行色を取り入れることができる強い味方です。しかも、ストライプも今年の流行パターン!写真は、時計回りに、キリムの弟分で、黒ヤギの毛(キリムは白ヤギ)を使った人気・カプートのパッチワーク・ラグ「メリッサ」。くまさんが寝転んでいるのが、オーバーダイの「エリーフ」。そして、天然素材の中でも最も耐久性があると言われる天然麻を使ったパッチワーク・ラグの「ブグレム」

 

トルコのパッチワークラグはビンテージの風合いを活かした1点もの

 

一見シックに見えるインダストリアル系の無機質な雰囲気の中にも、例えば「エリーフ」は元のラグの花模様などが残してあって、自然の温かみを追加できますし、「ブグレム」の持つ緑は、今年のダスティなパステルカラーにぴったり。しかも、いずれも、35〜60年というビンテージ・ラグを再生させてパッチワークしたものなので、まさに1点ものです。あなただけの1枚が、お部屋をランクアップしてくれますよ。

 

近々第2弾をお送りします✴

 

Posted in News By Tomoko

創業者ナシアにインタビュー✴

2016年2月16日火曜日 15時03分44秒 Europe/Paris

スーキーは、ラグを通じて、お客様にも、職人たち、そしてその家族にも「幸せ」をお届けする会社。そもそもの始まりは、一人のテキスタイル・デザイナーの熱い想いにありました。今回は、私たちスーキーの創業者であるナシア・バーネットにインタビューをしてみました^^

 

創業者ナシアとネパールの職人Rekha

(左がナシア、右はネパールの職人Rekha Panapaheli)

 

Q. ナシアは、アムステルダムのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツでテキスタイルデザインを勉強していたんですよね。その頃から世界のテキスタイル文化に興味を持っていたんですか?

A. そうです。職人の技術や天然素材の耐久性、ウールの魅力に興味を持つようになって、中国でミャオ族の織物の研究もしていたんです。

 

Q. 最初にビジネスを始めたのは、ネパールですよね?

A. ネパールの工芸品にも在学中から興味を持っていたんです。母から娘へと受け継がれる技術にも興味がありましたし、何よりもやっぱりフェルトが魅力的で!フェルトは複雑な工程を経て手作業で作られるので、出来上がる製品はどれもユニークで、自分だけのものとして楽しむことができますし、自然の持つ特性というか、柔らかい肌触りとウールの耐久性にも惹かれます。フェルトボールラグの工程を紹介するビデオを作ったので、ぜひ見てください^^

 

ネパールでの撮影の様子

 

Q. スーキーを始めて嬉しかったことはどんなことですか? 

A. 一番嬉しいのは、何よりも職人たちがいい笑顔で仕事をしてくれていること。自分の仕事に誇りを持ってくれていることが、一目見ればよくわかります。例えばネパールの場合、ほとんどの女性職人たちは文字が読めないので、社会的に脆弱な立場に置かれています。なので、家から近いところで、家事や子育てを全うしながら、仕事ができることには、大きな意味があると信じています。だからこそ、お客様から職人たちに励ましをいただけるように、職人に直接メールを書ける仕組みを作っています。

 

Q. スーキーのフェルトボールラグの良いところを教えてください。

A. やはり100%上質のニュージーランド産のウールを使い、最高の品質で良いものをお届けしていること。染料もケミカルフリー、アレルゲンフリーのものだけを使っています。それに天然素材は、やはりそれだけの魅力があります。例えば、ウールは耐火性があるし、化学繊維と比べてへたりも少なく、汚れや水分にも強い性質があるので、綺麗に長く使いやすいんです。

 

どのラグにも職人のサインがあります

 

もう一つは、フェルトボールラグの場合、自由に色やサイズ、柄を選んでいただけることでしょうか。すべてのラグが受注生産なので、自分だけのラグを作ることができるし、その分の追加コストもかかりません。他のラグでも、ご相談を受け付けています!

 

Q. 今後ますます、その製品がどこでどのように作られたかが、問われる時代になってくると思います。

A. もはやフェアトレードやエシカルというのは、トレンドではなくて、必要条件になってくるとおもっています。

 

Q. あなたの目標は?

A. みんなが家で天然素材の製品をもっと使ってくれるようになること。大量生産ではない、高品質の、本物の手織りラグをお届けし続けたいです。

 

Q. 夢は?

A. 世界中の美しい工芸品を見て回り、「こんなに美しいものが世界にはあるんだ」と、多くの人に知ってもらうこと。今、私たちの製品を通じて、お客様に各国の工芸品をお届けできるのは、本当に嬉しいです。

 

Q. ナシアのお気に入りの場所、といえば、どこですか?

A. 太陽が出ているところならどこでも^^

Posted in News By Tomoko

ウール再発見

2016年2月2日火曜日 13時49分36秒 Europe/Paris

スーキーのラグの多くが、上質のウールでできています。

なぜウールにこだわるのか。

それはウールのもつ多様な特性にあります。

簡単にご紹介しましょう。

 

1)ラグの肌触り

そのため、原材料となる羊毛の品質には、

強いこだわりを持って探しています。

ネパールとインドのアトリエではニュージーランド産、

モロッコのアトリエでは、地元アトラス山の麓にいる

特別の羊の毛だけを使っています

(写真はベニオワレンラグ「カディーヤ」)。

 

アトラス山に住む羊の毛だけを使うベニオワレンラグ

 

2)弾力性と回復力。

ナイロンなどの化学繊維は、確かに長持ちしますが、

美しく、自然な風合いを保ったまま長く使うことができるのは

やはり天然素材の魅力です。

 

3)耐燃性。

羊毛のラグは、燃えた時に、煙がくすぶるものの、

燃え広がり難いという特徴があります。

また、火事などの災害時、有毒なガスを発生し、

人体やペットに影響を与えるということもありません。

安心、安全という観点でも、羊毛のラグが優れています。

 

4)吸湿性

ウールというと冬のイメージがありますが、

羊毛繊維には吸湿性があるので、

ウールのラグの表面はいつでもサラサラなんです。

ポリエステルの約40倍、コットンの約2倍、

水を吸うと言われています。

写真はェルトボールラグの「ニーナ」

赤ちゃんのお部屋にもぴったりです。

 

天然素材なので赤ちゃんの足にも安心です

 

5)静電気防止

ウールには静電気を発生させにくい性質もあります。

確かに、静電気が発生しやすかったら、

羊さん、大変ですよね。。。

 

6)自然で豊かな風合い

ウールは、ユニークで多様な色や風合いを

表現することができます。

スーキーは自然染料を使って染色をします。

天然素材のウールだからこそ、アートで微妙なグラデーションも

表現できるのです。

写真は、バルセロナラグ「レヤンシュ」。。

 

バルセロナ本社でデザインした大人気ラグ

 

7)保温性。

最後はもちろん暖かさ。

冷気を遮断し、保温する機能ですね。

天然素材の暖かさは、他には替え難いものがあります。

 

世界中で愛され続けているウール。

それには理由があるのですね^^

Posted in News By Tomoko

ラグでお部屋を変えるアイディア

2016年1月20日水曜日 12時31分49秒 Europe/Paris

新しい年になり3週間、みなさんいかがお過ごしですか?

冬はお部屋にいる時間も長いし、もうすぐバレンタイン。

お部屋での時間も心地よく過ごしたいですよね。

そんな時、気持ちの良いラグは、お部屋をグレードアップしてくれます。

 

アートなお部屋を彩るマルチカラーのチューリップラグ

 

これは、スーキーのインドのアトリエで作るチューリップラグ

ウールの不織布(フェルト)をティアドロップ型にカットして織り合わせた

ユニークで華やか、しかも肌に優しい天然素材のアートです。

ウールは上質のNZ産で、職人がこのウールから手紡ぎで作った毛糸を、

昔ながらの方法で、何度も、天然の食物染料を使っての染色、天日乾燥を繰り返し、

この鮮やかな色が生まれます。

 

ウール100%のループラグ

 

同じくインドのアトリエで作る、ループラグ

こちらも同じくNZ産の羊毛を手紡ぎした毛糸で作ります。

毛糸の輪をそのまま生かして織り上げた逸品。

ふんわりしたスタイルを生み出すには職人の技量が試されます。

それでいて、実は非常に頑丈なのです。

 

カスタムカラーのフェルトボールラグ

 

最後にご紹介するのは、テーブルの下にあしらった小さなラグ。

これはお客様のカスタムメイド、世界で一つだけのカラーリングです。

お部屋の雰囲気、お好みに合わせて好きな色を組み合わせることができるのが、

スーキーのフェルトボールラグ

まずは小さいラグから試してみませんか?

Posted in News By Tomoko

ネパールより。職人たちの笑顔は家族や地域にも広がる。

2016年1月12日火曜日 18時51分44秒 Europe/Paris

スーキーはネパールでのアトリエ作りから始まりました。

今、スーキーがネパールからお届けしているフェルトボールラグ

フェルトボールの形や色の愛らしさと、その品質は、

様々なテキスタイルを見てきた私たちにとっても、

明らかに優れたものでしたので、

カトマンズの2つの場所に、アトリエを設置することを決めたのです。

 

 

仕事と家庭を両立できる職場

ネパールのアトリエは、

どの職人の家からも通うことができる距離にあります。

家のことも仕事もしっかりやりたいという

彼女たちの希望を叶えたいからです。

職人のうち約半分がフェルトボールを作り、

もう半分がラグを織り上げます。

その他に、全体の監督や職人のトレーニングを担当する職人もいます。

 

 

仕事を持つことで、輝きを増す職人たち

ネパールのアトリエで働く私たちの職人のうち、

3人をフィーチャーしたショートムービーがあります。

ご紹介するのは、Hira, Rita, Minaの3人。

彼女たちの仕事と家庭での様子を見ていただくことができます。

ネパールは、インドの北東にあります。

エベレストに代表されるヒマラヤ山脈の美しい山々に囲まれ、

豊かな文化を育み、鮮やかな色彩にあふれる美しい国。

しかし同時に、世界の最貧国の一つでもあります。

 

 

#3 世界の最貧国の一つネパール

 

スーキーの職人たちも、ほとんどが教育を受けることができず、

文字を読むことができません。

ゆえに、仕事につけず、地域でも家庭でも、

弱い立場に置かれていました。

でも今は、仕事を得て、技術を身につけ、収入を得て、

元気に仕事をしています。

仕事をすることは、家計が安定するのはもちろん、

自分への誇りや自信にもつながりますよね。

 

#3 笑顔があふれる職人Rita

 

さらに、それぞれの生活スタイルに合わせて、

アトリエで働いたり、自宅から仕事をしたり。

その収入で子どもを学校に通わせることができるようになった職人もいます。

お客様が買ってくださるラグは、ネパールの女性たち、

そしてその家族や地域への支援にもなっています。

 

#3 学校に向かう、職人の子どもたち

 

スーキーは、職人全員を直接雇用しています。

職人の生活の安定が、高い品質の、良いラグをお届けするためにも

大事なことだと信じているからです。

ぜひ、私たちの大事な仲間、職人たちの笑顔に触れてみてください^^)v

 

ショートムービー 「The social impact behind our felt rugs(フェルトラグがもたらすもの)」

Posted in News By Tomoko

「幸せ」は戻ってくる^^

2015年12月24日木曜日 13時34分09秒 Europe/Paris

こんにちは。

今日は私たちの会社の名前「Sukhi(スーキー)」について。

 

実は私たちの会社は、ネパールで作っている

フェルトボールラグから始まったんです。

「Sukhi」はネパール語で「幸せ」という意味。

私たちは、ネパールの職人たちから学んだことを生かして、

ブランドのコンセプトである、

「お客様、そして職人とその子どもたちに

笑顔を届けることのできるラグ」を実現したいと思っています。

そんな私たちの想いにぴったりだったのが、

この「Sukhi」という言葉でした。

 

 

私たちのラグは、真心を込めて職人が手織したラグ。

そして、織ったその職人から直接お客様の元へお届けします。

たくさんのお客様が、スーキーのラグを買って良かった、

幸せな気持ちになった、といってくださるのが、

本当に嬉しくて、私たちも幸せになります。

幸せは、届けると、自分たちにも戻ってくるんだと

実感する毎日です^^

#2 幸せをお届けします^^

 

Posted in News By Tomoko

この1年、スーキーをみなさまにお届けする準備をしてきました。チームみんなで、4カ国の職人たちとつながり、お互いに理解を深め合って、ウェブサイトを何度も作り直し、ようやく立ち上げることができました。10月に14の言語でスタートし、日本では12月に公式に立ち上げになりました。

 

私たちが嬉しいのは、お客様も職人たちも満足する仕組みを作ることができたこと。スーキーは、商品を作る職人たちと直接つながることを、ビジネスの基本にしています。スーキーの職人は、フェアトレードの考え方に基づき、適正な賃金(その地域のラグ職人の一般的な賃金の2〜3倍)を得ています(詳しくは、「スーキーについて」:http://www.sukhi.jp/collections.html)。

 

だからこそ、よくご質問いただくのが、どうやってこの価格を実現しているのかということです。エシカルな仕組みで作られたラグを、なぜ通常の同品質のラグの小売価格より、6割も安く提供できるのか?と。 

 ネパールの首都カトマンズにあるスーキーアトリエの職人たち

 

よくある誤解 

環境にいい、寄付になる、などなど、エシカルな商品は値段が高いというイメージがありますよね。でも、実際はそうとは限りません。確かに、エシカルなものを買いたいと思いつつ、実際は買わない人が多いというのは、価格によるところもあります。でも、様々な調査結果によって、「必ず高い」わけではない、ということが明らかになってきているんです(欧州の参考情報(英語)。

 

 

エシカルで、しかもお求めやすく 

スーキーのラグは、こんな風にお届けしています。一緒に想像してみてください。あなたがオンラインで注文をしてくださいます。それを受けて、各国のスーキーの職人が作り始めます。長い、丁寧な手紡ぎ、手織りの作業を経て、ラグが完成した時、あなたにお知らせをお送りします。そして、しっかりと梱包して、世界中どこへでも、あなたのいるところに直接お届けするのです。 

 

これは、まだまだ珍しいビジネス形態だと思います。中間業者がない、お店がない、これがスーキーのあり方です。とってもシンプルで、かつコストが削減できます。私たちは、削減できたコスト分を、全てお客様の購入価格に反映しています。だから、この価格でお届けできています。

 

また、ラグがどこで、誰によって作られたのかを気になさる方も、少なからずいらっしゃると思います。スーキーは、優れた手織りのラグを、その作った職人本人から直接買うことができる仕組みを作りました。すべてのラグに、そのラグを作った職人の名前を書いたタグがつけられています(ネパールの職人にはメールを書くこともできます )。

 

注文を受けてから作り始めるので、少しあなたをお待たせすることにはなります。でも、自分だけのためのラグを、今、職人たちが作っていると思いながら待つのも、素敵なことだと思いませんか?

 

まずは、私たちのラグのコレクションを見てみてください。あなたのお気に入りの1枚が見つかりますように。

 

スーキー ネパールのアトリエより愛を込めて⭐︎

 

Posted in News By Tomoko

商品 1 から 10 の 11 合計

ごと
ページ:
  1. 1
  2. 2