インドのアトリエの職人紹介

スーキーのインドのアトリエには多くの織物師が働いています。当社のラグづくりは、最初から最後まで全て手作業で行います。文化と伝統に満ちたインドの織物技術。先祖から伝わる技術を承継し、織物師達が今日も手紡ぎの毛糸でラグを織り続けています。

インドのアトリエの職人紹介

スーキーの他のアトリエとの違いは、インドでは織物師が全員男性であるということです。全員がインドのビカネールに住んでいます。理由はよくわかりませんが、なぜか男の人ばかりがウールを織る織物師なのです。他の国とは違うので、少し違和感を感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、これもインドの伝統のようです。 確かな技術で、職人達はユニークなラグをつくりあげます。1枚1枚が世界にひとつしかない1点もの。デザイナーと職人が生み出す芸術性の高いラグです。

天然素材へのこだわり

スーキーは天然素材にこだわります。そして、本物の贅沢は、上質の天然素材と、その上質の天然素材を敬う心を持つ職人の技が生み出すと考えています。製造工程のプロセスにおいても、天然素材の中にある様々な成分が、ラグづくりに奇跡を起こしてくれるのです。

スーキーの適正な労働賃金

スーキーには、各国の当社アトリエで働く職人たちに適切な労働賃金を支払うというポリシーがあります。このポリシーにより、上質のラグづくりをする職人たちが、その労働に見合う賃金を得て、生活の質を向上させています。インドのアトリエでは、職人たちに、同地域の一般的な職人たちの給与の約2倍から約3倍を支給しています。そのため、職人たちは大家族を養い、子どもに教育を与え、安定した暮らしを得ることができるようになりました。

また、仲介業者が存在しないスーキーのシステムにより、自分たちのつくったラグを購入するお客様と、直接交流することも可能となり、職人の意欲が著しく向上しました。お客様を思いながら丹精こめてラグをつくりあげるという喜びで、仕事に集中することができます。 職人たちは、ラグをつくることに誇りを持っています。インドのアトリエのほとんどの職人たちは学校へ行ったことがありませんが、全員が当社内で行う職業訓練教育で様々な講習を受け、とても良い成績をおさめました。 インドのアトリエでつくられるデザインラグは、常にスーキーのベストセラーラグ。世界中のお客様に愛されています。