お手入れ方法

ローテーションする

6か月に一度は、ラグの左右をひっくり返して下さい。これを「ローテーション」といいます。これによって、一部分にのみ圧力がかかっている場合に、将来その部分からラグが痛み始めることがないよう予防することが可能です。上からかかる重みを均等に分散することがラグを長持ちさせます。

掃除機を使う:

半年に一度は、ラグの左右をひっくり返してください。これを「ローテーション」といいます。一部分にのみ圧力がかかっている場合、将来、その部分からラグが痛み始めることがないよう予防できます。上からかかる重みを均等に分散することで、ラグを長持ちさせることができます。

掃除機を使う

ラグを購入される時にラグ用の掃除機を購入されるお客様もいらっしゃいます。ラグの中に溜まった細かいほこりやごみなどを除去するため、定期的に掃除機をあてるようにしてください。ラグは天然素材で作られており、大変デリケートですので、細かなほこりやごみが内側に溜まると、ラグを痛める原因になります。汚れているように見えなくても、定期的に軽く掃除機をあてていただくと、ラグは美しいまま長持ちします。

ウールラグの部分汚れを除去する方法

ウールのラグが汚れてしまった時に、部分汚れを除去する方法は多くありますが、スーキーがお勧めするのは、水で濡らす方法です。

まずは、汚れてしまったラグを、ホースで水の使える場所へ移動します。次に、未使用の食器洗い用のスポンジを用意し、洗剤を水でゆるめます。そして、ラグ全体にホースで軽く表面がぬれる程度に水をかけ、水でゆるめておいた洗剤を使って、スポンジの先端で汚れた部分をとんとんとたたくようにして、汚れを落としてください。汚れが落ちたら、水で洗剤を洗い流し、風通しの良い場所で、ラグを乾かしてください。

乾かし方

ウールのラグはすぐに乾きますし、濡らした後、できるだけ速やかに乾かすようにしてください。日光の下の風通しの良い場所で、自然乾燥で乾かしてください。大量の水を含んでしまった場合には、ラグを絞っても構いません。できるだけ早く水分を取り除くことが大事です。ただし、絶対に乾燥機には入れないでください。

汚れた場合は、早急な対応が必要です

何かをこぼし、ラグが汚れた場合、早く対応すればするほど汚れが落ちやすくなります。こぼれてすぐに対処できる場合は、水に酢を少量(小さじ2杯程度)混ぜ、固く絞ったタオルの先端に付けて、汚れた部分をとんとんと叩いてください。こすると汚れが広がってしまう場合がありますので、絶対にこすらないようにしてください。市販のラグ用洗剤を利用しても構いませんが、天然素材のラグにダメージを与える成分の入っている洗剤もありますので、注意書きなどをよく確かめて、ウール100%のラグに適したラグ用洗剤のみを使ってください。

どうしても上手く汚れがとれない場合や、自分で除去できないと思われるお客様は、クリーニングの専門業者へお問い合わせください。特に、インクや大きなペンキによるシミ、または乾いた赤ワインのしみ、ペットがつけたしみや汚れの場合は、専門業者に任せることをお勧めします。