パッチワークラグのお手入れ方法

掃除機を使う方法

パッチワーク・ラグは、時々掃除機でお手入れをしてください。目に見えない泥やほこりを吸い取ることで、ラグを長持ちさせることができます。ただし、パッチワークの手縫い部分は非常にデリケートなので、軽く滑らせるように掃除機をかけてください。長時間、掃除機の吸引部を固定したり、強くごしごしとかけたりすると、ラグに損傷を与える可能性があります。

部分汚れを取り除く方法

市販のラグやカーペット用のクリーナーは、化学繊維用に開発されているものが多いので、天然繊維(ウールや麻、綿など)で織られたラグにはお使いいただけません。ラグに損傷を与える可能性があります。また当社のラグに使用している染料も天然の植物染料のため、やはり市販のクリーナーは適切ではありません。塩素系のクリーナー等もご使用にならないでください。

部分汚れが見つかった場合は、まずはきれいな水につけたタオルを固く絞り、汚れ部分をとんとんと軽くたたくようにして汚れを落としてください。それでも汚れが落ちない場合は、数滴のハンドソープをぬるま湯に落として洗浄液を作り、汚れた部分へ部分的に塗布して、再度、固く絞ったタオルの先端でたたくように、根気よく汚れを落としてください。ただし汚れていない部分に水分が飛び散ることのないように注意してください。

大量の飲料等をこぼしてしまった場合は、ごしごしとこすらず、水分をペーパータオル等で吸い取ることが肝心です。パッチワーク・ラグはこすると損傷する場合があります。大量の水分をこぼしてしまった場合は、濡れたエリアからではなく、その周囲からだんだんと中心に向かってペーパータオル等を置き、軽く押さえながら根気よく水気を取り除いてください。

オイル系の部分汚れを取り除くには、少量のアルコールをタオルの先端に塗布し、とんとんと汚れの部分をたたくようにして汚れを取り除いてください。アルコールは少量で十分です。つけすぎると、ラグや床を傷める可能性がありますし、アルコールは発火性もありますので、つけすぎないように注意してください。

クリーニング・サービスに出す

汚れによっては、クリーニング業者の手に委ねた方が良い場合もあります。インクや、乾いてしまったワインのシミ、ペンキなどの場合は、専門業者に依頼されることをお勧めします。